院内感染対策

当院では、院内の感染対策に力を入れて取り組んでいます。患者さんだけではなく、当院で働いているスタッフにも「さえぐさ歯科で治療を受けたい」と安心して思えるような環境づくりを心掛けています。

開院当初から使い終わった器具は必ず滅菌しています!
使い回しはしていません!!

ディスポーザブルの器具を利用

ディスポーザブルの器具とは、使い捨ての医療器具のことです。当院では、治療で頻繁に利用する紙コップ、注射針、マスク、医療用グローブ(ゴム手袋)、エプロン、メス刃などはディスポーザブルの器具を利用しています。患者さんにずっと安心してご来院いただくため、衛生管理を徹底して行っています。

絶対にあってはならない院内感染への取り組み

消毒

ディスポーザブルでない器具類は一度こちらの薬液に漬けて消毒し、その後に洗浄します。消毒で全ての細菌やウイルスは死滅しません。
全ての細菌やウイルスを死滅させるためには「滅菌」が必要になります。

パッキング(基本セット)

ミラーやピンセットなど、お口に入る基本のセットをパッキングします。
消毒をした器具をすぐにパッキングし、オートクレーブで滅菌することで全ての細菌やウイルスを死滅させます。

パッキング(外科器具)

抜歯治療などで活用する外科器具も、個別にパッキングします。
使用する直前に開封するので、清潔な器具で治療を行えます。

オートクレーブ

オートクレーブとは、高圧蒸気滅菌装置です。トレー、ミラー、ピンセット、外科器具などの大きな器具をこちらのオートクレーブで滅菌します。
高温、高圧の蒸気で細菌やウイルスを完全に死滅させることが可能です。

クアトロケア

クアトロケアとは、歯を削る医療機器(タービン、コントラなど)の汚れを自動で注油・洗浄する装置です。
タービン、コントラなどの汚れに油を差しながら隅々まで洗浄していきますので、細かい汚れも落とします。

オートクレーブ「ステリマスター」

オートクレーブ「ステリマスター」とは、高速の滅菌装置です。歯を削る器具や、神経の治療に使う器具など全ての細かい器具の滅菌に使用し、細菌やウイルスを死滅させます。
一度にいくつも滅菌することはできませんが、短時間で仕上げます。

オートクレーブ「iClave mini」

オートクレーブ「iClave mini」とは、小型の滅菌装置です。
クアトロケアで注油・洗浄したタービン、コントラなどをオートクレーブ「iClave mini」で滅菌します。従来のオートクレーブでは滅菌に50分の時間が必要でしたが、オートクレーブ「iClave mini」では、最短4分と短い時間で全ての細菌やウイルスを死滅させます。国際基準の滅菌を行っています。

院内感染対策の流れ

大きいもの
  1. 薬液に漬けて消毒
  2. 洗浄
  3. パッキング
  4. オートクレーブで滅菌
タービン、コントラ
  1. クアトロケアで隅々まで洗浄
  2. iClave miniで滅菌
小さいもの
  1. 薬液に漬けて消毒
  2. 洗浄
  3. ステリマスターで滅菌

滅菌が不十分であったら、私たち歯科医師も患者さんも、
お互いに院内感染のリスクがあります。

さえぐさ歯科では、滅菌を徹底していますので、
安心して治療を受けていただけます。